年金を担保にお金を借りる方法と「年金担保ローン」について

年金受給者がお金を借りるとき、カードローンを利用しようとしても本人の安定した収入と見なされずに審査に落ちてしまうケースがあります。このようなときに利用できるローンに年金担保ローンがあります。一見すると不審に思えますが、独立行政法人福祉医療機構からお金を借りるものであり、国が承認している組織であるため安心して利用できます。
独立行政法人福祉医療機構は誰でもお金を借りることができるわけではなく、厚生年金保険、船員保険、国民年金、労働者災害補償保険の年金のいずれかの支給を受けている人に限られます。支給が停止されていると借りられなくなります。
用途には制限があり、医療、介護福祉、住宅改修、冠婚葬祭、教育、事業維持、債務の返済、臨時の生活資金などになります。
審査に関しては厳しいものではなく、資格を満たしていれば利用できますが、生活保護の受給中であったり、お金の用途がギャンブルである場合などは断られることがあります。返済に関しては年金から差し引かれますが、生活を配慮して半額は手元に残る金額が1回の返済額の上限になります。それでもかなりの金額がなくなってしまうので、借り過ぎには注意が必要です。
なお、この組織以外にも年金を担保にしてお金を借りることができるとしている業者もありますが、これは正規のローンではありません。国から承認された組織以外が年金担保ローンを扱うことは違法であり、通帳や印鑑を提出させたりする危険性があります。お金が必要であっても騙されないように業者の安全性について慎重に確認しなければなりません。
http://xn--t8j0gd8443ac0qsl0ckhxa.com/